賃貸マンションで掃除機を使っていく時のポイント

賃貸マンションに住む時には、色々なことが気になるものですが、その中の一つが、音に関することです。
賃貸マンションというのは、壁があるとはいえ、隣の世帯とかなり距離が近いですから、音の伝わり具合というのは気になるものです。
隣の部屋との壁の厚さ、いわゆる戸境壁が厚ければ、音が漏れることも漏れてくることもあまりないため、静かな暮らしを実現させられるものです。
また、天井・床の部分も重要で、ここも厚みがないと掃除機をかけたりする時に気をつかうものです。非常識な時間帯に掃除機をかけないというのは当たり前のことではありますが、普通の時間帯にかけるにしても、やはり音が響かない方がトラブルにはなりにくいものです。
また賃貸マンションを選ぶ際には収納スペースの確保も大事なポイントですが、掃除機のように結構場所をとり、よく使用する物の場合には、しまっておく場所に気をつかうことがあるものです。
ですから、この点についても使い勝手の良さをチェックしておくと良いでしょう。

賃貸マンションでは騒音に注意

賃貸マンションでは騒音に注意 これまで自宅から学校へ通っていた人が初めて賃貸マンションに住むようになった時に注意しなければならないのは騒音です。
もちろん、夜中に大声で話すなど普通に考えて周りから苦情が来るようなことをしてはいけません。
ただ、一戸建ての家なら何でもないことが賃貸マンションでは騒音となるケースがあるのです。
例えば、天気のよい日に布団を手すりに干している人は少なくありません。そこで布団の埃を払おうとして叩く音がうるさいと苦情を言われてしまうのです。
この音を騒音と感じるかどうかは個人によって異なります。しかし、家主としては住人から苦情が出れば、何らかの対処をしなければならないのです。
これは賃貸マンションに限ったことではないのかもしれません。しかし、すぐ隣に考え方の違う別の人が住んでいる状況だから起きることなのでしょう。
これまでの常識は通用しないと考えることが必要です。何が騒音で何が許容されるかを考えてはいけません。

注目サイト


2019/7/4 更新